×

CATEGORY

 

 

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブランド»  GTIS./0003B/Cap

GTIS./0003B/Cap

GTIS._20SS
 

日本が世界に誇るデニムの産地「瀬戸内」。
「GTIS.」では、全ての商品に岡山県産セルビッジデニムを使用しています。

1940年代初頭、アメリカ軍の整備工に採用された作業用帽子(通称:メカニックキャップ)をベースに、GTIS.の定番である「0002B」トラッカーキャップのデザイン要素を融合したハイブリッドデザインのキャップです。

使い込むほどに反り返ってくる設計のツバ、アイキャッチになる牛革のレザーパッチ、サイズ調整ベルトに使われた栃木レザーなど、ディテールにも抜かりはありません。

しっかりとしたハリコシ感のある14.3ozのセルビッジデニムを使用し、被りやすい浅めの丸頭シルエットに仕上げました。

【素材】 綿 100% 革ラベル・サイズ調整ベルト 牛革
【サイズ】 58㎝

 
 
 
 
GTIS._20SS
 
GTIS._20SS
 
GTIS._20SS
 

  • GTIS./0003B/Cap

  • JANコード

    4540783810008

  • 販売価格

    9,900円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 在庫

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • GTIS._20SS
     

    メカニックキャップの代名詞であるツバに施された補強のためのステッチ。

    戦時中の物資統制で、ツバ部分に入れる芯地を調達することができなかったために考案された先人の知恵です。
    「0003B」では、ヴィンテージデニム裾部分特有の立体感のある色落ちを再現できるように特殊なレトロミシンでのチェーンステッチ(環縫い)を採用しました。
    ツバ先にはバイアス裁断したデニム生地を補強も兼ねてパイピングし、デザインと実用性の双方を合わせ持ったディテールへと昇華。

    被って、洗ってを繰り返し、永く使い込むとチェーンステッチとバイアスのパイピングに少しづつ縮みが生じ、段々とツバが反り返ってくるように設計されています。
    当時の兵士たちはツバを反らせて被ることが多かったと言われていることからインスピレーションを得た仕様です。 

    GTIS._20SS
     

    旧式のシャトル織機で織られたデニムである証、セルビッジ(赤耳)。

    生産性を度外視し、ゆっくりと丁寧に少しずつ織られていくデニムには古き良き時代のものづくりを現代に継承する瀬戸内の職人たちの誇りが感じられます。

    コシ部分の継ぎ目には使用したデニムの赤耳をさりげなく施し、デザインアクセントにしました。

    GTIS._20SS
     

    サイズ調整ベルトの革にもこだわり、シンプルながらも味(アジ)のあるエイジング(経年変化)を楽しめる「栃木レザー」を使用しました。

    栃木レザーは、栃木県のタンナー(なめし革業者)である栃木レザー株式会社が製造しているヌメ革を指します。
    ヌメ革は、植物性のタンニンを使って原皮をなめし、表面加工をほとんどせずに仕上げたもので、一般的には牛革です。
    栃木レザーは昔ながらのなめし工程で作られており、同社では原皮の仕入れからなめしまでを自社工場で一貫して行っています。

    *「なめし」とは?
    そのままでは腐敗したり、水分が抜け硬くなってしまう動物の「皮」のコラーゲン繊維になめし剤を結合させ、安定した素材「革」に変化させること。

     

    GTIS._20SS
     

    ヴィンテージ感を忠実に再現する為、縫製糸には烏城物産(株)がデニムの為に開発した専用糸「UJコアー」を使用。
    この糸はポリエステル100%の高強力フィラメントを芯(コアー)にして、その表面をスーピマ綿100%のわたでラッピングさせた重複構造の複合ミシン糸です。
    糸自体の経年変化を楽しむことができる上、耐久性にも優れています。

    *スーピマ綿とは?
    アメリカ合衆国カリフォルニア州やアリゾナ州などで栽培している綿花の中で、最高級ランクに分類される超長綿繊維の上質綿の名称。
    織られた生地は、しなやかでやわらかく、滑らかな肌触りが一番の特徴です。

    帽子はジーンズ程のアタリはでませんが、汗やクセの付け方、洗い方で被る人それぞれの個性が表れた色落ちをしていきます。
    自分の「GTIS.」だけのエイジングを楽しんでください。

  • GTIS._image
     

    <一生モノのデニム、GTIS.のメンテナンス>

    GTIS.では帽子が着用できる状態である限りメンテナンス・修理を承らせていただきます。
    「エイジング(経年変化)を楽しみながら、永く大事に使っていただく」ために、あなたの相棒となった帽子の不具合をひとつひとつ、人の手で、人の目で細かくチェックし最良の修理方法をご提案いたします。
    その際には、しっかりとヒアリングを行い、可能な限りのご要望に応えられるように修理内容・メンテナンス内容を一緒に決めさせて頂きます。
    一生付き合える、人生の相棒のようなデニムになること、これが「GTIS.」の目指す姿です。

    【注意事項】
    極度の劣化や破損の場合(傷・破れ・穴あき・糸切れ等)、元通りの修理は難しいこともございます。
    別素材を使用しての修理になる可能性がございます。

    修理の内容によって修理金額(無償含む)は異なります。
    修理の発送・返送の際に発生する送料はお客様負担になります。
    何卒、ご了承ください。

    ※修理をご希望の方は、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

     

    GTIS.ブランドページフッター画像
     

    時を重ねるたびに、 味わい深くなっていくプロダクト。
    デニムに魅せられたデザイナーが生み出すブランド「GTIS.( グティス )」。 
    時と共に風合いを増す上質で丈夫なデニム素材に、長年の使用にも耐えうる縫製とこだわりのパーツで仕上げられるプロダクトは、修理とメンテナンスサービスも提供することで、より一層「Grow Together= 共に育つ」 を実現します。

    それは、「エイジング(経年変化)を楽しみながら、永く大事に使っていただく」という、デニムの本質を考え抜いた〈答え〉です。

    日本が世界に誇るデニムの産地「瀬戸内」。
    「GTIS.」では、全ての商品に岡山県産セルビッジデニムを使用しています。
    そのこだわりが、瀬戸内の健康な労働環境を守り、子供たちの未来へつながっていくことを信じて、プロダクトを提供していきます。

関連商品

21SS販促