×

CATEGORY

 

 

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブランド»  GTIS./1201/Beret

GTIS./1201/Beret

GTIS._20SS
 

日本が世界に誇るデニムの産地「瀬戸内」。
「GTIS.」では、全ての商品に岡山県産セルビッジデニムを使用しています。

ざっくりとしたビッグシルエットと8方に施された0番手カタン糸(ミシン用の綿糸)のステッチが目を引くベレー帽です。

使用している14.3ozのデニムは適度なハリコシと生地表面にザラッとした凸凹感があり、旧式のシャトル織機で織りあげたヴィンテージデニムらしい風合いです。
ゆったりした被り感のため、ハードなエイジング(経年変化)をしにくいベレーでも色落ちを楽しんでもらえるように、細やかな工夫が施されています。

【素材】 綿 100% 革ラベル 牛革
【サイズ】 58㎝

GTIS._20SS
 
GTIS._20SS
 
GTIS._20SS
 
GTIS._20SS
 

  • GTIS./1201/Beret

  • JANコード

    4540783810022

  • 販売価格

    9,900円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 在庫

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • GTIS._20SS
     

    ジーンズ(デニムパンツ)のアウト(サイド)シームに見られる耳のラインのアタリ感を帽子で再現するために、パーツ同士を縫い合わせる際の縫い代を通常の5㎜程度から、1㎝へと大きく取りました。

    縫い代の幅が広がったことで、着用や洗濯時にデニム表面での摩擦面積が大きくなり、色落ちが促進されます。
    あえて通常の帽子では用いられない手法を取り入れるのも、全ては理想のエイジング(経年変化)と色落ちのため。
    デニムの帽子としての色落ちを探求し続ける「GTIS.」だからこそ行き着いた発想です。

    しっかりと染まったインディゴはなかなか手ごわいですが、根気よく付き合うことで徐々に進んでいく自分だけの色落ちをお楽しみください。

    GTIS._20SS
     

    ベレー帽の頂点から8方向へ広がるように極太の0番手縫製糸で施された白いステッチは存在感十分。濃紺のボディに映えます。

    カタン糸を使っているため糸そのものの経年変化も楽しめ、デニムの色落ちが進み淡いブルーになっていくとともにボディの色味と調和していきます。

    *縫製ステッチの「番手」とは?
    縫製糸の「一定の重さあたりの長さ」、つまり「糸の重さの単位」のことで、一般的には縫製糸の「太さ」として認識されています。
    糸には撚り(より)がかかっていて、同じ素材の糸でも撚りが強いと細く見え、撚りが弱いと太く見えます。
    また、糸を形成する繊維の種類や素材によっても、全ての糸が同じ番手でも同じ太さになるとは限りません。
    正確には番手は太さでは無く、「重さに対しての長さ」のこと。
    では、0(ゼロ)番手ステッチとは「重さがあるけど、長さゼロの糸」ということになるが、これは「これ以上ないくらい太くて頑丈な糸」ということを伝えるための宣伝用語として使われており、実際には大体2-3番手くらいのものが多い。

     

    GTIS._20SS
     

    旧式のシャトル織機で織られたデニムである証、セルビッジ。

    生産性を度外視し、ゆっくりと丁寧に少しづつ織られていくデニムには古き良き時代のものづくりを現代に継承する瀬戸内の職人たちの誇りが感じられます。

    使用されている14.3ozセルビッジデニムの赤耳を背面のレザーパッチ横へ0番手ステッチでタタキ付けました。

     

    GTIS._20SS
     

    ヴィンテージ感を忠実に再現する為、縫製糸には烏城物産(株)がデニムの為に開発した専用糸「UJカタン」を使用。
    この糸はスーピマ綿100%の特性を生かし、使い込んでいくうちによく馴染み、デニムと調和することによって、風合いが増していきます。
    また、綿糸は洗濯を繰り返してもインディゴが移染しにくいという特性も備えています。

    *スーピマ綿とは?
    アメリカ合衆国カリフォルニア州やアリゾナ州などで栽培している綿花の中で、最高級ランクに分類される超長綿繊維の上質綿の名称。
    織られた生地は、しなやかでやわらかく、滑らかな肌触りが一番の特徴です。

    帽子はジーンズ程のアタリはでませんが、汗やクセの付け方、洗い方で被る人それぞれの個性が表れた色落ちをしていきます。
    自分の「GTIS.」だけのエイジングを楽しんでください。

  • GTIS._image
     

    <一生モノのデニム、GTIS.のメンテナンス>

    GTIS.では帽子が着用できる状態である限りメンテナンス・修理を承らせていただきます。
    「エイジング(経年変化)を楽しみながら、永く大事に使っていただく」ために、あなたの相棒となった帽子の不具合をひとつひとつ、人の手で、人の目で細かくチェックし最良の修理方法をご提案いたします。
    その際には、しっかりとヒアリングを行い、可能な限りのご要望に応えられるように修理内容・メンテナンス内容を一緒に決めさせて頂きます。
    一生付き合える、人生の相棒のようなデニムになること、これが「GTIS.」の目指す姿です。

    【注意事項】
    極度の劣化や破損の場合(傷・破れ・穴あき・糸切れ等)、元通りの修理は難しいこともございます。
    別素材を使用しての修理になる可能性がございます。

    修理の内容によって修理金額(無償含む)は異なります。
    修理の発送・返送の際に発生する送料はお客様負担になります。
    何卒、ご了承ください。

    ※修理をご希望の方は、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    GTIS.ブランドページフッター画像
     

    時を重ねるたびに、 味わい深くなっていくプロダクト。
    デニムに魅せられたデザイナーが生み出すブランド「GTIS.( グティス )」。 
    時と共に風合いを増す上質で丈夫なデニム素材に、長年の使用にも耐えうる縫製とこだわりのパーツで仕上げられるプロダクトは、修理とメンテナンスサービスも提供することで、より一層「Grow Together= 共に育つ」 を実現します。

    それは、「エイジング(経年変化)を楽しみながら、永く大事に使っていただく」という、デニムの本質を考え抜いた〈答え〉です。

    日本が世界に誇るデニムの産地「瀬戸内」。
    「GTIS.」では、全ての商品に岡山県産セルビッジデニムを使用しています。
    そのこだわりが、瀬戸内の健康な労働環境を守り、子供たちの未来へつながっていくことを信じて、プロダクトを提供していきます。

関連商品

21SS販促