• インスタ
  • ツイッター
  • FB

CATEGORY

 

×

CATEGORY

 

 

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブランド»  AJI PROJECT»  AJI PROJECT/ROCK END S

AJI PROJECT/ROCK END S

ap_20aw
 

自然の庵治石そのままの形状と質感をダイレクトに活かしたブックエンド。
整然と並ぶ本たちをしっかりと支える安定感とナチュラルな佇まいが魅力です。
 
暮らしに寄り添う、庵治石(あじいし)のプロダクト「AJI PROJECT」。
 
書棚以外にデスクやシェルフの上など、壁がないところでも本を並べられる便利なブックエンド。
常に見える場所に置かれるものなので、見た目の雰囲気やデザインにもこだわりたいアイテムです。
 
自然石の無骨でナチュラル、それでいてどこか懐かしい雰囲気に心が落ち着きます。
お部屋や机周り、書斎のアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【サイズ】 横:約100㎜ 奥行き:約70㎜ 高さ:約100㎜
*文庫本などの小さい本を立てるのにおすすめです。小ぶりなので場所を取りません。
【重さ】 約950g
【原産国】日本(MADE IN JAPAN/SETOUCHI)
*自然の素材を使用していますので、形、色味、大きさに若干の個体差が生じます。
予めご了承下さい。

ap_20aw
 
ap_20aw
 
ap_20aw
 
ap_20aw
 

  • AJI PROJECT/ROCK END S

  • 販売価格

    3,300円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 在庫

    ×

在庫切れボタン

  • ap_20aw
     

    「花崗岩のダイヤモンド」と称され、石の世界では最高級の評価を受けている御影石、“庵治石”。

    その庵治石の質感をダイレクトに活かしたブックエンドです。
     
    本の収納や整理に便利なブックエンド/ブックスタンドは、デスクなどの卓上やシェルフなどで使用することが多いアイテムです。

    常に目に触れる場所でありながら、つい殺風景になりがちな風景に取り入れることで、石の持つ豊かな表情と自然な佇まいが心落ち着く空間を演出してくれます。

    (「花崗岩」は岩石としての名称、「御影石」は石材としての名称として使い分けられていますが同じものです。)
     

    ap_20aw
     

    使われている石は、厳選された庵治石の錆石。
     
    庵治石は素材としての上質さとは裏腹にキズが多く、また加工に大変な技術を必要とするため、扱いが困難な石です。
    そのため原石から選別や加工を経て、きれいな製品として世に送り出されるものは、ほんの数%程度と言われています。
     
    その庵治石の中でも、錆石は特にキズが多く、製品にまで加工するのが難しい石です。
    製品として世に出るまでに、幾重もの「人の目」「人の手」がかけられている庵治石製品。

    AJI PROJECTの作品も例外ではありません。
    ROCK ENDも厳しい目で選抜された原石から、加工の初期段階でさらなる篩にかけられ、手間と根気を要する終盤の加工を経て、作品として完成しています。
     

    ap_20aw
     

    美しく肌理(きめ)の整った裁断面。
    すべすべとした手触りで、ついつい触っていたくなるやさしい滑らかさです。
     
    庵治産地の石工(石を扱う職人)さんたちは、石を裁断することを「石を引く(ひく)」と表現します。
    ただ、丁寧に「引かれた(裁断された)」だけでは、この滑らかな手触りにはなりません。
    石工の技術「研ぎ(磨き)」の加工が施されなければ表現することができない滑らかさ。
     
    直に本と接する部分になるので、本を傷めないように、手間をかけ丁寧に加工をしています。

    ap_20aw
     

    底面も石を引いてフラットな状態になっています。
    こちらの面は直に本には触れませんが、デスクやテーブル、敷物などに傷が付かないように配慮し、同じように「研ぎ(磨き)」の加工を施しています。
     
    さらに、十分な重さがあり安定感のあるROCK ENDですが、接地面との相性で滑ることがないように、滑り止めのラバーを付けています。

    ap_20aw
     

    AJI PROJECTの職人、島本さんがROCK END一つひとつと対峙ながら行う面取りの加工。
    「はつる」と称されます。
     
    石の裁断は紙や食物などを切ったときのように、切断面がぴったりとは合わさりません。
    なぜなら、石の裁断は「切る」作業というよりは、約1㎝程度の幅分を粉砕して「削り取る」という作業になるからです。
     
    通常、表面の質感を残した石の断面は、約1㎝程度の幅を削り取られ分割されるので「ズレ」が生じてしまいます。
     
    このズレをノミとハンマーを使って凹凸を調整して整えていくのです。

    ap_20aw
     

    手間暇かけた「はつる」作業を終えると、あたかもひとつの石が断面からパッカリと割れたかのような自然な仕上がりとなります。
     
    自然の石なので、一つとして同じ物は存在しません。
    その都度、石と向き合い、何度も細かな微調整を繰り返しながら行う作業は、根気と繊細な技術を要します。
     
    AJI PROJECTの作品全てに、石工の手仕事の粋が詰まっています。

    知れば知るほど、石の世界は奥深く、知れば知るほど、作品に対しての愛着が増していくはずです。

  • ap_20aw
     

    【AJI PROJECT製品の注意点】
    ・全て天然の庵治石を使用していますので、色味や質感、大きさに若干の個体差が生じる場合があります。
    同じものがひとつとして存在しない、自然の中から選ばれた素材ならではの要素として、ご理解いただければ幸いです。

    ap_20aw
     

    石の可能性を追求するために生まれた、暮らしに寄り添う庵治石(あじいし)のプロダクト「AJI PROJECT」。

    「瀬戸内」は香川県の高松市北東部に位置する牟礼・庵治地域だけで産出する花崗岩、「庵治石」。

    伝統により磨かれた技術や知恵を用い、今の時代を生きる職人たちの手によって、新しい発想で「ものづくり」をおこないます。

    石の持つ、自然で静かな佇まい、そこから放たれる空間をあたたかく包み込むやさしさ。
    触れると少しひんやりとして気持ちよく、心が落ち着く懐かしさ。
    一つひとつの石が持つ、個性豊かな表情も楽しい。

    庵治石の無限の可能性と魅力を感じてください。

関連商品