×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

遠藤窯の砥部焼ができるまで

1、砥部焼の原料

en_2020
 

愛媛県伊予郡砥部町で採掘された磁器の原料となる陶石を、「砥部陶磁器原料」さんの工場で専用の機械(スタンパー)を使い細かく砕いて粉末にします。

(※写真:手作りの木製の杵(きね)が石を細かく砕いている様子)

2、遠藤窯の原料

en_2020
 

粉末にした陶石を水と混ぜ、不純物を取り除き、水分を切ってプレスします。

この土が砥部焼きの原料になります。

遠藤窯は原料の仕入れ先の協力で、砥部陶石100%の土を使用しています。

3、土作り

en_2020
 

真空土練機(どれんき)と呼ばれる土を混ぜる特殊な機械で、3種類の土をブレンドして遠藤窯オリジナルの磁土を作ります。

一般的な砥部焼の白色は少しグレーがかった白になります。

遠藤窯では、砥部焼きの中でも白さを際立たせた作品をつくりたいという想いから、このようにして自分たちで土を調合しています。

4、手造り(たたら作り)

en_2020
 

たたら板(均一な厚さに切り揃えられた細長く平たい板)を重ね、間に土を置きます。

特殊なワイヤーを使い、たたら板の上を滑らせながら、土をスライスします。

en_2020
 

このスライス作業を繰り返すことで、均等に土の板を切り出すことができます。

スライスした土の板を、型に押し当てて器の形を作る方法は、遠藤窯の数ある製法のひとつです。

5、成形-1

en_2020
 

土の板を型紙にあわせて、針のように先の尖った道具でカットします。

写真は雲の形にカットしています。

遠藤窯の創作は、お二人の身近にある砥部町の豊かで美しい自然からインスピレーションを受けて、日々作陶しながら生みだしています。

(※写真:雲の器の作業風景)

6、成形-2

en_2020
 

ここで器の形を決める遠藤窯オリジナルの型の登場。

型は素焼き(焼き物と同じ土を使って作った型)や、石膏で作られています。

写真の型は、器の表面に石の風合いを表現した素焼き型です。

他にも、器の内側に歪みをつけた型や、不規則なリムのデザインの型など、沢山の種類の型を使い分けています。

(※写真:雲の器の作業風景)

7、成形-3

en_2020
 

型の上に、カットした土の板を乗せます。

このひとつの型から、乗せる土の板のサイズ、形によって数種類の異なる器を成形することができます。

(※写真:雲の器の作業風景)

8、成形-4

en_2020
 

まず、手のひらでしっかりと土を伸ばし、型に馴染ませていきます。

何度も手で押さえながら土の表面に模様をつけます。

成形中に土がずれ、模様がぼやけないように慎重に行います。

繊細な手作業は、簡単にできる工程ではありません。

ひとつひとつ僅かな表情の違いが生まれ、手仕事のぬくもりを感じられる器が成形されていきます。

(※写真:雲の器の作業風景)

9、成形-5

en_2020
 

更に、羽子板(柄のある長方形の板)という道具を使って形を整えます。

(※写真:雲の器の作業風景)

10、成形-6

en_2020
 

形を整えた後は、器を支えるための高台(卓や台に接する足の部分)を付けます。

写真は、器の中心をとり、同じ大きさの足を4足均等に付けているところです。

(※写真:雲の器の作業風景)

11、成形-7

en_2020
 

足を付け終わると、器の裏にひとつひとつ描くようにトンボのマーク(窯印)を付けます。

遠藤夫婦がつくった器であることの大切な印です。

​(※写真:雲の器の作業風景)

12、仕上げ、削り

en_2020
 

素焼き型から外し、しばらく乾燥させた後に、器の縁や底を先の尖った小さな鉋(カンナ)で少しずつ丁寧に削り整えます。

滑らかに整えることで、手に馴染み、手触りが良くなります。

器は毎日使われてこその「モノ」。

細部にもこだわり、一切手は抜きません。

(※写真:雲の器の作業風景)

13、乾燥

en_2020
 

仕上げが終わると、ひとつひとつ板の上に並べ、日光に当て、自然乾燥をさせます。

気候により2〜5日程度かかることもあります。

(※写真:石目朝顔鉢)

14、素焼き

en_2020
 

乾燥させた器を並べたり、重ねて、窯用の棚板で窯づめし、950℃まで約9時間かけて素焼きをします。

焼成後、約1日で窯から出せます。

15、蝋づけ

en_2020
 

施釉(せゆう)の前に、器の裏に溶かした蝋(ろう)や撥水剤を塗りコーティングをします。

釉薬(ゆうやく)が高台の裏に付くと窯用の棚板に張り付き、取り出せなくなる為です。

ろくろを回しながら慎重に、筆を使ってすーっと塗ります。

en_2020
 

焼き上がりは、釉薬が掛かっている部分と掛かっていない部分の境界線が綺麗に分かれます。

16、施釉

en_2020
 

釉薬とは、数種類の石の粉、木の灰、酸化金属などを水で溶いたもの。

釉薬をしっかりと攪拌(かくはん)させた後、手の跡が付かないように、網や細長い棒を使って均一に掛けていきます。

en_2020
 

手触り、口当たり、質感、使いやすさを考えて、器の内側、外側、飲み口など、同じ釉薬でもそれぞれ濃度を変えて、掛け分けをすることもあります。

この絶妙な魅せ方は、試し焼きをして、研究と失敗を何度も重ねたからこそ生まれた遠藤窯の持ち味のひとつです。

17、本焼き

en_2020
 

施釉をした器を、棚板を使って、ひとつひとつ丁寧に並べ、窯づめをします。

en_2020
 

そして、約1300℃近くまで、20時間程度をかけて焼成します。

倒炎式(炎を窯の中で巡回させ、温度を一定にする構造)のガス窯で本焼きをします。

窯に火をつけると、猛烈な勢いで炎が燃え、窯のある部屋に一気に熱気が立ち込めるほどの火力です。

18、完成

en_2020
 

長い間かけて焼かれ、窯から出てきた器は、つるつるとした光沢のある表面に変化します。

砥部陶石の力強さと柔らかい白を活かした遠藤窯の器(砥部焼)の完成です。

この後、最後の検品、梱包を経てSELECT SHOP ROOTS135°などの取扱店へ!

そしてお客様の元へと届きます。

(※写真:石目小鉢 雲 足つき 2枚セット)